菅 浩江

すが ひろえ


作家。1981年同人誌『星群』に発表した短編「ブルー・フライト」が〈SF宝石〉に掲載されデビュー、その後1989年第1長編『ゆらぎの森のシエラ』を発表し再デビュー。1992年『メルサスの少年 〈螺旋の街〉の物語』で第23回星雲賞日本長編部門受賞、1993年「そばかすのフィギュア」で第24回星雲賞日本短編部門受賞、2001年『永遠の森  博物館惑星』で第54回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門、第32回星雲賞日本長編部門を受賞。2019年4月に『不見(みず)の月 博物館惑星II』(早川書房)が発刊された。