大森 望

おおもり のぞみ


翻訳家、書評家、評論家、アンソロジスト。日本推理作家協会、本格ミステリ作家クラブ会員。シオドア・スタージョン「ニュースの時間です」、テッド・チャン「商人と錬金術師の門」「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」の翻訳により、第36回、第40回、第43回星雲賞海外短編部門、1992年チャールズ・プラット『バーチャライズド・マン』でSFα賞、2014年『NOVA 書き下ろし日本SFコレクション』シリーズ(責任編集)で日本SF大賞特別賞と第45回星雲賞自由部門、2015年『サンリオSF文庫総解説』(牧眞司と共同編集)で、第46回星雲賞ノンフィクション部門を受賞。2019年7月に最新訳書『三体』が発刊予定。