小ホールで開催される企画プログラム

小ホールでは、開会式、閉会式等の大会セレモニーをはじめ、堀江美都子さん、アイドルコンサートを開催いたします。

また、日本SF大会にはなくてはならない、星雲賞受賞作の発表および受賞者への星雲賞贈賞式も小ホールにて行います。

    27日(土曜日)

  1. 初心者ガイダンス(27日(土) 9:30~)

  2. 開会式(27日(土) 10:00~)

  3. アイドルコンサート(一般公開・参加費無料)(27日(土) 13:00~)

  4. 星雲賞贈呈式(27日(土) 17:00~)


  5. 28日(日曜日)

  6. 堀江美都子50周年 SFファンのための ミニコンサート(別途チケット必要)(28日(日) 11:00~)

  7. シール大賞・煩悩王 発表(28日(日) 16:30~)

  8. 空想科學小説コンテスト結果発表(28日(日) 16:45~)

  9. Sense of Gender賞(28日(日) 16:50~)

  10. レトロ星雲賞(28日(日) 17:05~)

  11. 柴野拓美記念・日本SFファンダム賞(略称:柴野章)発表贈賞式(28日(日) 17:10~)

  12. 第29回 暗黒星雲賞 発表贈賞式(28日(日) 17:20~)

  13. 第60回日本SF大会紹介(28日(日)17:50~)

  14. 第59回日本SF大会紹介(28日(日)18:00~)

  15. 閉会式(28日(日) ~18:00)


SF大会初心者ガイダンス

日本SF大会「彩こん」へようこそ!日本SF大会に初めて参加する方々に、「彩こん」の楽しみ方、企画の参加方法、ガイドブックの説明はもとより、簡単なSF大会そのものについても、ご紹介します。「SF大会参加のマナーって何?」「憧れのゲストとお話したいけど、どうやって話掛けよう?」「シールってどうやって交換するの?」「黄色い法被の時刊新聞って何!?」とか、皆さんの不安を少しでも軽くし、よりSF大会を楽しく快適に過ごすためのお手伝いができればと考えています。

詳しく見る »


  
開会式

第58回日本SF大会 出山実行委員長の開幕宣言

詳しく見る »


  
アイドルシンギュラリティ! 今話題の楽曲派アイドルライブ!

アイドル界さらに音楽業界の特異点を予感させる楽曲派アイドルのライブを開催! 轟音ギター×美メロディのシューゲーザーアイドル、RAY(レイ)、複雑な曲展開と変拍子のプログレッシブ・ロックアイドル、xoxo(Kiss&Hug)EXTREAM(キスエク)、もはやジャンル分け不能のストレンジポップアイドル、染脳ミームの3組のパフォーマンスにド肝をヌカれてください!!

詳しく見る »


  
星雲賞贈賞式
星雲賞は、日本のSF及び周辺ジャンルのアワードとしては最も長い歴史を誇るSF賞で、日本長編部門、日本短編部門、海外長編部門、海外短編部門、メディア部門、コミック部門、アート部門、ノンフィクション部門、自由部門の9部門からなりたっています。彩こんの星雲賞は、2018年度に発表された作品の中から、彩こん参加者による投票によって決まります。 どの作品が星雲賞を受賞するのか?お楽しみに!

第50回星雲賞受賞者多数、熊倉晃生(日本SFファングループ連合会議議長)

詳しく見る »


  
堀江美都子コンサート

アニソンデビュー50周年を迎える堀江美都子さんとその教え子である洗足学園音楽大学声優アニソンコース学生でお送りするアニソンコンサート。チケットは別途有料です。 コンサート終了後に CD 購入者を対象にサイン会を行います。

詳しく見る »


  
シール大賞・煩悩王 発表

シールを108枚集めた煩悩王を表彰します。 また、素晴らしいシールを作った参加者を表彰します。特別審査員賞もありますよ!

詳しく見る »


  
空想科學小説コンテスト 受賞作発表

全日本中高年SFターミナルが行っている空想科學小説コンテストの発表です。審査員には審査員長夢枕獏、巽孝之、ひかわ玲子、菊池誠、阿部毅の5名。第一席夢枕獏賞受賞者には賞金に夢枕獏から賞金5万円と副賞のチャンピンベルトが贈られ、第二席巽孝之賞には巽孝之から賞金3万円と副賞のトロフィーが贈られます。

詳しく見る »


  
2018年度 第18回Sense of Gender賞

Sense of Gender 賞は、前年度の1月1日から12月31日までに刊行されたSF&ファンタジー関連作品を対象に、性的役割というテーマを探求し深めたものに与えられるものです。ひらたくいうと、「SF的にジェンダーについて深く考えさせる日本の作品を選び、あなたのSF的ジェンダー考察は、すばらしい」と、一方的ではありますが、褒め称えさせていただく賞です。 主宰はジェンダーSF研究会が行っております。海外では、アメリカの女性SF作家パット・マーフィーとカレン・ジョイ・ファウラーが発起人となり、多くの女性SF作家&ファンが運営するジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞が、1991年に同様の趣旨で設立されています。ジェンダーSF研究会は、その主催者たちと連絡をとりあいながら、2001年から日本でも同様の活動を行っております。

詳しく見る »


  
レトロ星雲賞

星雲賞が制定される前に発表されたSF作品に星雲賞にふさわしい作品はなかったのでしょうか? 第一回日本SF大会まで遡り、顕彰します。今回は1965年度です。レトロ星雲賞はSFファングループ連合会議の許可を得て、全日本中高年SFターミナルが行なっているものです。

詳しく見る »


  
柴野拓美記念・日本SFファンダム賞 贈賞式

かつて, SFファン活動を対象とする賞として、日本SFファンダム賞、SFファンジン大賞、柴野拓美賞が存在しました。、しかし、その後は、こういう類のものは存在しませんでした。 日本のSFファンダムの大先達である柴野拓美氏が2010年になくなりました。柴野氏が創設した最古のSFファングループ「宇宙塵」の残余金をもとに、ご遺族の同意のうえ、柴野氏の名前を冠して、SFファン活動を顕彰する本賞を開始しました。

詳しく見る »