安藤 佑介

あんどう ゆうすけ


古生物学者、博士(理学)。専門は新生代の甲殻類・貝類化石。博物館学芸員として勤務し、質問に答えることのできる化石類は貝、甲殻類、サメ、植物など。主な研究論文は「Two new speccies of Decapoda from the Eocene Sakasegawa Formation in Amakusa Island, Kyushu, Japan」など多数。化石採集教室など各種イベントで講師だけでなく、書籍の執筆や講演会なども行い、古生物学の発信・普及も精力的に行っている。