海野 螢

うんの ほたる


漫画家、東京都出身。1998年「Paikuuパイク」にて『われはロボット』でデビュー。1999年『オヤスミナサイ』でアフタヌーン四季賞四季大賞を受賞。2014年 星雲賞アート部門参考候補に選出。2016年『はごろも姫』が星雲賞コミック部門参考候補作に選出。単行本として『風の十二方位』『めもり星人』『時計じかけのシズク』『アリスの二つの顔』『トコの長い午後』他多数。装画に21世紀空想科学小説シリーズ・梶尾真治著『妖怪スタジアム』等。叙情的な画面やコマ割に加えて、SFテイストのある作品で多くのファンを持つ。