日本SF大会は、SFジャンル中心とした総合イベントです。SFおよびその周辺のジャンルを中心に、小説、漫画、アニメ、特撮などのメディアを問わず、また作り手と読者、視聴者の垣根を越えた、様々な数多くのイベント・プログラムが2日間にわたって開催されます。

日本SF大会の内容

日本SF大会は、会期内で催される多種多彩なイベント・プログラムによって構成されています。 イベント・プログラムには、展示会、アートギャラリー、ディーラーズルーム(同人誌即売会)、ライブペインティング、ポスターセッションなどの、「常設企画」と、約90程度の時間枠で開催される、講演会、パネルディスカッション、ファン集会、ワークショップなどの「分科会」があります。参加者は、これらのイベント・プログラムを自分の嗜好で選び、参加することによって、自分のSFを楽しむことが可能です。

また、日本SF大会参加者は、SFジャンルの賞である「星雲賞」の投票権を得られます。

日本SF大会の運営

開催するための諸経費、会場費、機材費など運営にかかる開催費用は、総て参加者からの「参加費」でまかなわれており、スポンサーはなく、営利目的を持ちません。

また、運営は、イベント専門家ではなく全国から集まったSFファンでおこなわれ、日本SF大会スタッフは無給で交通費も自己負担です。

このような運営方法であるため、日本SF大会で開催されるイベントプログラムは、イベント主催者のお仕着せではなく、スタッフや参加者が自ら主体的に立案し準備することができます。

実行委員会の主な仕事

事務関係

運営事務全般、参加者の管理、スタッフの管理、準備スケジュール管理、広報、出版物の制作、大会当日の運営・警備

企画関係

プログラム運営。大会プログラムの立案、準備、実行

企画機材の準備と管理。出演者および招待ゲスト交渉。

SF大会ってどんなとこ? 過去のSF大会レポート

こちらは、昨年の日本SF大会のレポートです。

過去の日本SF大会会期中とその前後に起こったことが、整理されています。SF大会って何?とういう方々、どうしようかなと迷っている方々への道標になれば幸いです。

どうぞ、ご参考にしてくださいませ。

  1. 第56回日本SF大会「ドンブラコンLL」まとめサイト(toggeter)

  2. 第56回日本SF大会(ドンブラコンLL)企画プログラム

  3. 第55回日本SF大会「いせしまこん」まとめサイト(toggeter)
    こちらは一昨年の日本SF大会「いせしまこん」のレポートです。ただし、「いせしまこん」は参加者全員完全合宿大会ですので、彩こんとは少し雰囲気が異なりますこと、ご理解くださいませ。

  4. 第54回日本SF大会(米魂)企画プログラム